充実したホームページ制作、ECサイト構築!効果のあるホームページで集客アップを狙う

自社の宣伝や商品の販売に欠かす事のできないメディアの一つがホームページです。インターネットを通して集客をアップして業績を伸ばす事ができます。

SEO

seoとは検索エンジン最適化のことで、簡単に言うとyahooやgoogleの検索結果で順番をあげることです。

「エスイーオー」という人もいれば「せお」という人もいます。「エスイーオー」が一般的ではあります。seoと一言でいってもいろいろな施策があり、seo会社によって手法は様々です。ただ、内部対策、外部対策といった言葉は同じであるため、一般の人には同じように感じますが全く違うと言っていいでしょう。

ある会社では大きな費用、手間がかかる外部対策を「googleでは外部対策は否定しているため」という理由で一切せず、内部対策としてコンテンツを増やすことばかりをします。また、ある会社では外部対策として、「コンテンツが全くがあっていないサイト、ページからのリンク」を増やします。seoで一番大切なのはリスクを減らしながら、順位をあげることであるのでこの辺の手法についてはよく考えてみましょう。

ネットユーザーが訪問してくれるSEO

Search Engine Optimizationを自分だけで済ませるには難しいという人も多い様です。

そのため、多くの人がSEOの会社やまたは知識がある人に依頼している様です。

SEOは一度で完結するのではなく、常に対応することが必要になります。

やはり、検索エンジンの検索結果の上位に表示がされていなければ新規のインターネットユーザーが訪問してくれることは難しいでしょう。

しかし、SEOを業者に依頼すると費用もかかりますし、またやり取りを行なう手間ひまもかかります。そのため、できるだけ自分でSEO作業を行ないたいという人もいます。

seoにおけるRankBrainの可能性

seoにおいて今はRankBrainがほぼすべてのことを決定づけています。グーグルのアルゴリズムの根幹を担う部分であり、また日々進化し続けているものでもあります。複雑なロジックになっており、サイトの判定基準も数百個あります。とてもではないですが、このアルゴリズムを解析することは不可能です。

そしてグーグルがこのようなseoを行う理由はユーザーの検索をより良くするためです。ブラックハットseoもかつては多かったですが、このRankBrainはすべてのブラックハットをなくす可能性は高いです。 コンテンツの純粋な質でしか勝負できない時代がもうすぐそこまで来ています。

SEOを意識したホームページ作成とビッグワード

たくさんの訪問者に来てもらいたいホームページ作成をするなら、SEOを意識して作ることが必要です。どんなキーワードで検索上位に表示させるか目標を決めてホームページ作成をするといいですが、いきなりビッグワードを狙い過ぎると挫折する可能性も高いです。

特に「投資」とか「保険」などのキーワードは競争の激しい超ビッグワードなので、検索上位になるのはそう簡単ではないでしょう。

しかし実際の検索ユーザーというのは、単発キーワードではなく、ほとんどの人が複合キーワードで検索して、そしてサイトに訪れるケースがほとんどです。ですからキーワードにあまりこだわるのも考えものです。

パンダアップデートによるseo

seo対策と呼ばれる、googleなどの検索エンジンにおいて上位表示されるために用いられる手法のひとつとして、パンダアップデートがあります。良い品質のサイトの順位を上げる代わりに、悪い品質のサイトの順位を下げる、サイト評価基準の一つとなっています。

ウェブサイト内の内容にオリジナリティがあるかどうか、またコンテンツの充実度やバナーの設置量など、様々な判断基準が設けられています。定期的にパンダアップデートを更新することにより、ウェブサイトに関連する企業や団体などにとっても、大きな収入利益に差が生じたり、広告マーケティングにも影響が及びます。

seoにパンダアップデートを取り入れるといいこと

パンダアップデートが導入された上で一番良いこと自分が欲しい情報をそんなに時間をかけずに得ることができるようになった点です。導入される前は検索結果の上位にくるサイトは内容や、質の高さではなく、どのウエブサイトを使うかによって左右されていました。

大きなウエブサイトを使っていたらその分有利になるため、大した内容が書いてないようなサイトも沢山存在しているという不便さがあり、沢山のサイトから本当に自分が欲しかった情報を得られないこともありました。seoにパンダアップデートを取り入れることによって、ある程度の品質を持っているものだけを検索で得ることができるようになりました。

seoのパンダアップデートで得られるもの

パンダアップデートとは、より良い検索結果が出るように、検索サイト大手のグーグルが導入したものです。日本では、海外の2011年に遅れ2012年に導入されました。seoという検索サイトの検索結果に、品質が悪いサイトが出てくると、利用者は何度も検索をかけたり、いくつものサイトを閲覧しなければならず、結果的に別の検索サイトを利用する可能性も出てきます。

そういった状況を避けるために、これまでは検索結果の上位に上がりやすかったデータが多いだけで内容が薄っぺらなサイトが検索結果の上位に上がらないようにしたのです。

seoを改善させたパンダアップデート

パンダアップデートは、検索サイトを利用する際に、より良い検索結果seoが出るように導入されたものです。パンダは動物の種類から来ているのではなく、この業務に関わった人の名前を表しています。2012年に初めて導入されて以来、年に数回程更新され現在に至ります。

キーワードの乱用、アフィリエイトや広告の多用、重複ページがある、内容が薄っぺらなサイトは、チェックされ検索結果の上位に上がらないようになっています。サイト運営者も、日々内容の濃いサイト作りを心がけ、利用者に有益な情報を提供していく必要があります。

SEOに関する記事

ページトップへ戻る