充実したホームページ制作、ECサイト構築!効果のあるホームページで集客アップを狙う

自社の宣伝や商品の販売に欠かす事のできないメディアの一つがホームページです。インターネットを通して集客をアップして業績を伸ばす事ができます。

技術を磨きたいseo対策

ホームページ制作の技術を磨きたいというのであれば、テキストを購入して、その手順通りに進めると、完成させる事もできるでしょう。しかし、seo対策に関する技術を磨きたいという時には、アルゴリズムも頻繁に変更されますし、またいろんなアプローチがある事から、難しいという事も考えられます。

自分でseo対策について実践をしながら学び取らないといけない事もあるかと思われます。seo対策は非常に専門的な分野だと思われます。seo対策の習得については、本気で学びたい、身に付けたいという強い気持ちが必要かと思われます。また、ある程度のseo対策を習得できたとしても、アップデートな対策に対応し続ける必要があります。

googleのアルゴリズムとseo

現在のgoogleのアルゴリズムはハミングバードと呼ばれるものでリンクとホームページのコンテンツをRankBrainというAI(人工知能)がコントロールすることで実現しております。

人工知能ですので日々、インターネット上のホームページのデータを取得し、機械学習をおこなっております。このAIにはディープラーニングが利用されている可能性が高く、膨大なデータからseoの手法、テキストのコンテンツ理解を学習しております。そのため、seoを行ってもすぐに効果がなくなる可能性はあります。

seoにはラーニング機能がある

seoは現在はグーグルが開発した人工知能によって行われていますが、人工知能なのでラーニング機能があります。過去にユーザーが検索したワードや、そこから実際にサイトを表示してからユーザーがどのようにネットサーフィンしていったかのデータを蓄積し、それを次の検索結果に反映させます。

この繰り返しで、自動的にseoを行っていくアルゴリズムが組み込まれているのです。 そしてRankBrainはこの一連の流れのなかで、検索者のワードから検索意図を読み取る機能があります。単にワードを文字列として捉えるのではなく、自ら考える機能です。

seoにおけるペンギンアップデート

インターネットが普及する中、ホームページ上では、googleやyahooなどの検索エンジンの上位表示であるseo対策の研究が進められています。検索結果の上から順に閲覧していく人が多いので、広告効果を得るために様々な対策が講じられています。

またペンギンアップデートという方法は、質の良いサイトと悪いサイトの表示順位を変えるパンダアップデートと比較されることもよくありますが、google検索のアルゴリズムアップデートの中でも、スパム行為や、ウェブマスター向けガイドラインに著しく違反しているサイトページに対して対処されます。検索結果としての順位表示が下げられる場合もあります。

seoのためのペンギンアップデート

ホームページ上では、様々な更新や対策が重ねられることによって、正しい情報に準じたウェブページの閲覧が可能となります。現在活用されているgoogle検索のアルゴリズムアップデートでよく比較されるのが、パンダアップデートとペンギンアップデートです。

前者はコンテンツの充実などで品質の良し悪しを判定し、検索順位を変動します。後者はスパム行為や、ウェブマスター向けガイドラインに著しく違反しているサイトページを対象に検索結果の順位を下げます。インターネットが普及するにおいて、googleやyahooなどの検索エンジンの上位表示であるseo対策の研究が進められています。

seoのペンギンアップデートで顧客満足度は上がるのか

検索サイトで一番に思い付くのがグーグルだという人は少なくないでしょう。インターネットで検索することを表す「ググる」という言葉も生まれたほど、グーグルの存在感は大きいものです。しかしながら、質の悪いサイトが横行し、seoの意味がなくなりつつあったことから、グーグルはペンギンアップデートを導入しました。

これにより、内容が薄くオリジナリティのないサイト、データを増やすためだけに重複した内容を載せているサイト、広告、アフィリエイトが多いサイトは検索結果の上位に上がらないようになりました。2012年以来、更新もされ続けており、質の高い検索サイトを目指す努力が続けられています。

seoのペンギンアップデートが持つ意味

検索サイトを利用すると、すぐに検索結果seoがはじき出されます。利用者は、その結果に基づいてサイトを閲覧します。必要な情報を探すために検索サイトを利用しているので、必要な情報を見つけるまでは最短距離で済ませたいと思うでしょう。

ペンギンアップデートは、グーグル社がより質が高い検索結果が出るように導入したものです。これにより、データが多いだけで内容が有益でないサイト、広告が多く貼り付けられたサイト、他のサイトの情報を貼り付けただけのサイトは検索結果の上位に上がらないようになっています。2012年以来、更新が何度もおこなわれており、今後も継続されていくようです。

ペンギンアップデートで質の高いseoに

検索サイトを利用する際、利用者は検索結果から閲覧するサイトを選び、情報を得ていきます。seoの上位に来ていれば、有益なサイトだと考え閲覧しようとするでしょう。しかしながら、検索結果の上位にあっても内容が薄いサイトは多々あります。

広告やアフィリエイトが異常に多いもの、他のサイトの情報を貼り付けただけのもの、重複するページを作りデータをわざと多くしているものなど数え上げるときりがありません。2012年よりペンギンアップデートが導入されたことで、検索結果も向上し質の高いサイトが閲覧しやすくなっています。

SEOに関する記事

ページトップへ戻る